玄関に自転車も置ける宝石箱のような家

CASE 施工事例

宝石箱のような家

宝石箱のような家

  • 間取り
  • お子様やご家族の存在をいつでも感じることができる間取りと明るい空間を、きらきらと光るジュエリーケースをイメージして設計しました。

    LDKは、畳コーナーまでを一室として設計。南側の窓から光を採り込みます。また、畳コーナーはロールスクリーンで仕切り、客間としても使えます。
    キッチン上部の吹き抜けは、子供部屋の2つの「のぞき窓」、バルコニー、主寝室へとつながる、風や光、家族んコミュニケーションを運ぶ「仕掛け」となっています。

    また、階段ホールに設けた仕事用のデスクやお子様のためのロフト、玄関ホールの吹き抜けの効果も相まって、住宅全体に一体感が感じられます。

    建物を宝石箱と見立て、蓋を空けた内側であるインテリアにも、そのイメージと統一感のある壁紙等を選定しました。
    家族のわくわくや絆を宝石に詰め込んだ居心地の良い「ジュエリーケースハウス」です。

Gallery

玄関を入ればそこはジュエリーケース

ジュエリー販売のお仕事に携わっておられる奥様が本領を発揮されて、上品でワクワクするような住宅になりました。

とてもセンスの良さを感じるインテリアのコーディネイトは、設計の段階から綿密に打ち合わせを重ねました。
さりげなく置かれた小物や壁に掛けられた額のひとつひとつが、室内の雰囲気にマッチしており、どれかひとつが欠けるだけで、この調和が乱れる気さえしてしまいます。

玄関ホールはご主人の趣味の自転車を置けるようにと、土間のスペースを大きくつくりました。普段はロールスクリーンで隠すこともできます。
また、床に設置するタイプの下駄箱は置かず、クローゼットの中に高さを変えられる棚板と、コートが掛けられるスペースをつくりました。

梯子を登るとそこは子供たちのお城 梯子を登るとそこは子供たちのお城

  • 注文住宅の設計で大きなウェイトを占めるのが、やはり子供部屋です。
    子供部屋をどう考えるかで、住宅そのものの存在が変わる、もしくは、家族の生活が変わると言っても、過言ではありません。
    この住宅もまた、LDKと子供部屋の関係性を重要なポイントとして間取りがつくられています。

    子供たちが窓を開けると、子供部屋同士、そして、子供部屋とLDKがつながります。吹き抜けを用いたこの「仕掛け」はまた、燦々と降り注ぐ陽の光や心地良い風も共有して、ひとつの場面をつくっているのです。

    また、子供たちは廊下から梯子を伝って、小屋裏の空間にも興味の場を広げました。立体的につながる子供たちの遊び場は、成長とともに意味を変え、きっと様々な思い出をつくってくれることでしょう。

    新しい遊び場を手に入れて興味津々の子供たちが、お部屋の随所で絶妙に空間とマッチする、お母さんのジュエリーに興味を持つ日もそう遠くはないでしょう。

  • イメージ

この住宅が建つ敷地は、「第一種低層住居専用地域」で、都市計画区域の中では容積率の制限が最も厳しい地域です。
だからこそ、間取りの作成は容積との戦いでもありました。

吹き抜け部分は容積に含まないため、空間の演出を兼ねて、得策と言えます。しかし、暖房効率や間取り作成の難しさもあります。

この住宅のように、コンパクトな吹き抜けを複数つくりながら、それぞれに空間演出を加える手法は、制限の厳しい敷地でこそ発揮されるデザイン力です。

  • 階段ホールに設けた仕事用デスク
  • 2階ホールの一角に設けられたご主人の書斎スペースは、玄関ホールの吹き抜けに隣接する、明るい空間です。
    子供たちの遊び場であるロフトにも近く、家族が緩やかに関係する場所にあります。
    クローズでなく、オープンでもない程よいスペースとすることで、持ち帰った仕事をしながらも、自宅にいる温かさを感じることができます。

    家族の関係は、子供たちの成長によって変化します。
    しかし、住宅が緩やかに家族をつなぐ「仕掛け」を持つことで、日常の中にちょっとした会話が生まれたり、顔を合わせるきっかけをつくることが出来るのです。
    家族のキャラクターが注文住宅のエッセンスになりますが、住宅が家族の生活のスパイスになることができれば、その住まいづくりは、成功です。

  • 外観は宝石箱をイメージ
  • LDKと畳コーナーの間仕切りはロールスクリーンとしました。
    間口いっぱいに開くことで、採光や通風の効果が上がるからです。
    引き戸や襖は必ず「引き残し」が生まれ、空間を遮断してしまいます。

    和室もモダンなテイストを重視し、リビングからフロアーを繋げることで、空間の広がりを出しました。
    箱型の形状と黒い外壁材によって、外観はモダンな印象です。
    また、ランダムに配置されたサッシのうち、エントランスホール吹き抜けのサッシだけ色を変えるというこだわりです。

    さりげなくアクセントを加える、上品なデザインでまとめられた住宅です。